美肌になる赤ちゃん肌美容講座


ミネラルウォーターの現実

ミネラルウォーターの人気はとどまるところを知りません。しかし店頭に並んでいるミネラルウォーターは本当に安全なのでしょうか?

まず現実として、日本には安全な水源はもはや存在しません。

日本で最も清純な河川として知られる柿田川という川があります。富士山に降った雨や雪が自然浄化された湧き水を水源としており、急峻な大地を一気に流れていくので清純さが長く保たれていました。しかしこの川からも有害物質が検出されています。

さらには屋久島の水からも有害物質が検出されています。

このような事態の大きな原因となっているのが中国から偏西風に乗って流れ込む硫黄や窒素等によって発生する酸性雨です。酸性雨は木々を枯らすだけでなく、酸性雨に含まれている有害物質によって、日本の水源を汚染する主要な原因の一つとなっています。

安全と思われるような水源でさえこのように汚染されているわけですから、それ以外の場所はもっと汚染されています。

また、日本の水源を汚染しているのは当然酸性雨だけではありません。

現在の日本の農業は大量の肥料、農薬を投入して行われています。ダイオキシンと聞けばあなたも知っていると思いますが、農薬にはなんとこのダイオキシンをはじめとした様々な有害化学物質が含まれています。ダイオキシンは一時期非常に問題になったため様々な対策がされました。しかしこの対策というのはごみ処理場でダイオキシが大気中に出ないようにするなどの対策だけです。大気中のダイオキシンの濃度はそれによって削減されましたが、土壌や河川のダイオキシン汚染は逆に悪化しています。

農薬の大量使用によって菌はどんどん耐性を獲得し、その菌に効き目のある農薬を開発しというイタチゴッコが続き、農薬の強力さも散布回数もどんどん増加しています。農薬は人間相手の新薬と違い、新しく開発、使用するのにほとんど規制がないため、有害性もわからない化学物質が次々と開発され使われています。

そしてその結果、ダイオキシンをはじめとした有害化学物質で土壌や河川はどんどん汚染されています。

ミネラルウォーター = 安全な水?

ミネラルウォーターと聞くと私たちは「安全でピュアな水」と錯覚してしまいますが、以上のように実態はひどいといわざるをえません。毎年のように有害物質入りのミネラルウォーターが関係省庁や地方自治体によって告発されています。

日本産だけでなく海外のミネラルウォーターも本当に安全かといわれると?マークが浮かびます。

フランスは水の覇権を握ろうとミネラルウォーターを国家産業と位置づけています。これはアルプス山脈があり、数千年かけてアルプス山脈の地層で浄化された安全な水が確保できるという自信があるからです。私の健康に関する師匠の一人が飲んでいるエビアンはそのフランスが誇るミネラルウォーターのトップブランドです。

一時期このエビアンさえ有害物質が混入しているのではないかという報道があり、当時はエビアンでさえ完全に安全な水か疑われたことがあります。私個人的にはエビアンは安全な水だと考えているのでアマゾンへのリンクを貼っていますが、言いたいことは、ミネラルウォーターであるからと言って安心しきって飲むことはできないということです。

次にミネラルウォーターの「ミネラル」ですが、アメリカのある学者は論文で「ミネラルウォーター中の多くのミネラルは、体が吸収できない無機質なミネラルであることが科学的に証明されている。無機質なミネラルは体に取り入れても吸収されず、逆に体内のミネラルバランスを崩し腎臓に負担をかける。無機質なミネラルから有機質なミネラルを作り出せるのは植物、微生物だけ」と述べています。

ちまたではミネラルたっぷりのミネラルウォーターがいいかのように宣伝されていますが、実際はまったくそうではありません。多すぎる無機質なミネラルは美肌、健康にいいどころか、逆にあなたを不健康にします。

以上ミネラルウォーターについて書いてきましたが、ここで言いたいことは「だからミネラルウォーターを飲むな」ということではありません。何も知らず盲目的に、ミネラルウォーターは体にいいと信じ込んではいけないということです。私の健康に関する師匠の一人は当然ここに書いているようなことを知っています。その上でエビアンは安全な水であると考えてエビアンを飲んでいます。

次は水道水の安全性について考えていきます。

<< 「水の役割」へ     「水道水の安全性」へ >>

Check